今井・高嶋の千思万考「あきらめない熱意、雪より高く」

2016/09/30
新しい働き方を考える① 突きつけられている現状とは

今年に入ってから「労働力不足」「同一労働同一賃金」「長時間労働の是正」「外国人労働者」といった、キーワードが新聞やテレビなどのマスコミで目や耳にすることが多くなったように感じます。
どれもこれも単一的なものではなく、すべてがつながっている大きな問題であると私は捉えています。
労働力不足は人口減少と超高齢化社会から始まり、限られてくる労働力の確保を考えた場合に、非正規労働者の扱いを見直さなければならなくなってきました。雇用形態によって一律に区切られるのではなく、労働の質や量といったことで判断し賃金を払うとする「同一労働同一賃金」の考え方、過重労働による精神疾患等を患えば、さらなら労働力の低下となるため、その防止策、それでも労働力を確保しなければならないのであれば、外国人労働者といったことになっているとみています。しかし、1日の大半を労働時間に費やしている方ばかりではないし、時間を持て余しているときは、少しでも稼ぎたいと考える方も少なくないと考えます。
テレワーク(在宅就労)やノマドワークといった場所や時間に縛られない働き方を取り入れ、個々のライフワークにあった働き方を前提として満足度の高い生活を雇用主が提供できるか、ということを考える時期に来ていると感じています。

そのためには何が必要で、何をしなければいけないのか、を考えていきます。

←前へ ↑お知らせ一覧へ 次へ→